ジェイケム・ニュースは化学産業の情報を提供する会員制サイトです。
重化学工業通信社が発行する石油化学新報のWeb媒体として2002年に創刊しました。
市場動向や各社の戦略などのニュースを随時更新します。
◇宇部興産・ポリイミド事業、多角化で収益拡大と安定化を確保
  -ワニスを第2の柱に/2025年度に売上高60%増目指す-

 宇部興産のポリイミド事業は、フィルム分野の用途拡大とOLED(有機ELディスプレイ)向けを中心とした新規需要の創出を進める一方、固定費や生産性などの面にもテコ入れし、収益の立て直しに成功した。今後は...more...
◇三菱ケミカル・食品包装事業、社会変化に合わせた開発が課題
  -4~5月低調も回復基調に/世界需要は増加を予想-

 三菱ケミカルの食品包装事業部(高機能フィルム部門)では、真空包装や深絞り包装用の共押出多層フィルムに使われる「ダイアミロン」をはじめ、シュリンクフィルム、蒸着透明フィルムの「テックバリア」、二軸延伸...more...

  
◇宇部興産・ポリイミド事業、多角化で収益拡大と安定化を確保
  -ワニスを第2の柱に/2025年度に売上高60%増目指す-

◇東亞合成、高岡に「高岡創造ラボ」を建設~2020年秋竣工予定
◇三菱ケミHD、米国のCVCを通じてベンチャーに出資~第2件目
◇主要石化製品の19年1-6月期生産実績~ 9品目で増/エチレン5%増
◇汎用4樹脂、2019年上期出荷はPPが好調~その他は前年並み
◇MMA、2019年1-6月出荷数量6%減~国内微増/輸出12%減
◇三井化学、PET樹脂を値上げ~8月15日出荷分から6円
◇石化協・森川会長、石化業界は引き続き堅調~中国経済減速に警戒感
◇原油・ナフサ、足元マーケットは冷静に反応も地政学リスク懸念
◇三菱ガス化学、四日市のPOM設備で火災/鎮火済み~人的被害なし
◇SM需給、年内タイト継続も先行き不透明~ベンゼンも緩和方向
◇PVC、2019年1-6月期国内出荷2.6%減の51万t~輸出23.2%増
◇ABS樹脂、2019年上期は国内出荷2%減~輸出大幅減少
◇中国のエチレン生産、2019年上期は9.8%増~6月単月では11.9%増
◇旭化成、延岡で人工皮革「ラムース」増設~2021年度下期稼働
◇三菱ケミ、バイオ原料由来の脂肪族ジオールと誘導品で米国特許
◇モロッコのSCEケミカルズ、クロアリプラントのEPC発注
◇印Nayara Energy、グジャラートのPP新設備にユニポール技術
◇VEC・横田会長会見~国内出荷は前年並みを維持/海外需要旺盛
◇プロジェクトサマリー更新(2019年7月16日Jchem-News掲載分まで)
◇東レ、ハンガリーにLiB用セパレータフィルム新設~2021年7月
◇帝人、低速EVの軽量化に向け共同開発~2年かけ要素技術確立へ
◇宇部興産、タイでPCD8,000tに倍増設~2020年7月稼働
◇三菱ガス化学、中国で過酸化水素・化学研磨液の合弁中止~独資に
◇東ソー、フィリピンPVC増設設備完工~商業運転に向け試運転中
◇エチレン、2019年1-6月生産は5%増の477t~平均稼働率は96.3%
◇エチレン換算輸出入、5月輸出は15.5%増/輸入は2.4%減
◇PS、上期国内出荷は前年並み~SMは定修で生産・出荷とも減少
◇エチレン用輸入ナフサ、2Q価格4万2,550円~6月は4万2,560円
◇スチレン工業会・佐藤会長~2019年PS内需は「前年と同水準に」






   
注目ランキング
(集計期間6月15日~7月14日)
★No.1
住友化学・竹下専務に聞く~中国でGFPP第5拠点を上期稼働へ
★No.2
オレフィンの需給動向、市況が軟調に推移/生産・稼働は堅調
★No.3
ポリオレフィン、PPの好調継続/PEは1~5月累計で出荷減
★No.4
宇部興産・ファインケミカル事業、グローバル展開加速で収益力強化
★No.5
三井化学、不織布事業を積極拡大~キーワードは「差別化」
 








 

Jchem-Newsを検索
WWW を検索

copyright(C) The Heavy & Chemical Industries News Agency all rights reserved.
※ 掲載記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権は㈱重化学工業通信社に帰属します。