ジェイケム・ニュースは化学産業の情報を提供する会員制サイトです。
重化学工業通信社が発行する石油化学新報のWeb媒体として2002年に創刊しました。
市場動向や各社の戦略などのニュースを随時更新します。
◇タイの石化事情、クラッカー稼働率100%超~APIC2019より⑤
  -輸出拡大鮮明に/国内需要も引き続き堅調-

 2018年におけるタイのエチレン生産量は前年比5.1%増の481万2,000トンと公称能力(年産460万9,000トン)を上回り、クラッカーの稼働率は104.4%と前年を5.1ポイント上回った。特に輸出市場の力強さが同国の...more...
◇日本ゼオンのラテックス事業、社会ニーズ変化に合わせた展開志向
  -高い成長率誇る作業用手袋向けでは新製品開発を加速-

 日本ゼオンはラテックス事業において、市場ニーズの変化に合わせた新製品展開を加速させる。4カ年の中期経営計画「SZ-20 PhaseⅢ」(2017~2020年度)期間内での収益化も目指し、開発や市場への提案に...more...

  
◇日本ペイント、事業強化に向け生産体制強化~今後計画具体化
◇エクソン/SABIC、テキサスで計画のPE設備工事を発注
◇三菱ガス化、傘下の物流会社2社を統合/共通機能統合し業務効率化
◇寧波宏邦石化、PXプラント向けに米マクダーモットから技術供与
◇ニチリン、江蘇省で自動車用ホース工場を完工~年内稼働予定
◇ABS樹脂、5月国内出荷微増/車両・電気器具増加~輸出28%減
◇PVC輸出価格、7月積みは続伸~ブラスケム設備停止が影響
◇旭化成、吉野彰名誉フェローがLiB開発で欧州発明家賞を受賞
◇タイの石化事情、クラッカー稼働率100%超~APIC2019より⑤
  -輸出拡大鮮明に/国内需要も引き続き堅調-

◇主要石化製品2019年5月生産実績~8品目で増/エチレン微増
◇汎用4樹脂の5月国内出荷、PPのみ増加/その他3樹脂は減少
◇MMA/PMMAの2019年5月生産・出荷実績~石油化学工業協会
◇合成ゴムの2019年4月品種別生産・出荷実績~合成ゴム工業会より
◇アイカ工業、反りを克服したメラミンタイルを発売~床市場に参入
◇東洋スチレン、PSとポリ乳酸のアロイ樹脂を上市~食品包装など
◇帝人の炭素繊維強化樹脂を採用のエアバス最新鋭機が羽田に初飛来
◇ヤマシンフィルタ、神奈川・フィルタ研究開発施設の概要策定
◇中国商務部、米国・韓国・EU産EPゴムでアンチダンピング調査
◇主要石油化学製品の価格動向<2019年1月-6月>①(基礎原料)
◇日本ゼオンのラテックス事業、社会ニーズ変化に合わせた展開志向
  -高い成長率誇る作業用手袋向けでは新製品開発を加速-

◇ライオンデルバセル/Neste、バイオPPとLDPEを商業化
◇富士石油、袖ケ浦製油所の精製設備能力増強工事を完了
◇イネオス、ベルギーで計画のPDH75万t設備でFEED発注
◇BASF、露化学大手と革新的ポリマー開発で協力関係へ
◇富士フイルム、再生医療ベンチャーに3億円出資~業務提携契約も
◇日産化学、海洋油田向け添加剤で国際開発助成プログラムに参画
◇BASF、中国企業とDME直接合成法のパイロット設備を建設へ
◇関東化学、台湾で電子工業薬品を増産~物流センターも新設
◇三洋化成、新規コンディショニングポリマー開発~花粉付着防止も
◇PS、5月国内出荷1%減~SMは定修で生産・出荷とも減少
◇PVC、5月の国内出荷減少/硬質用3%減~輸出は二ケタ増
◇G20環境閣僚会合、日本主導で海洋プラごみ対策の実施枠組み合意
◇デンカ・青海工場、6月18日の地震の影響無し~通常稼働を継続
◇プロジェクトサマリー更新(2019年6月18日Jchem-News掲載分まで)






   
注目ランキング
(集計期間5月15日~6月14日)
★No.1
総合化学大手5社の2019年3月期決算~増収増益は旭化成のみ
★No.2
日本触媒と三洋化成が対等合併へ~2020年10月統合持株会社上場
★No.3
APIC2019、台湾で成功裏に閉幕~持続可能でより良い世界を
★No.4
三井化学、積極投資さらに加速~2021年度に営業益1,400億円へ
★No.5
三菱ガス化学・藤井社長に聞く~次世代のための成長投資に意欲
 








 

Jchem-Newsを検索
WWW を検索

copyright(C) The Heavy & Chemical Industries News Agency all rights reserved.
※ 掲載記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権は㈱重化学工業通信社に帰属します。