ジェイケム・ニュースは化学産業の情報を提供する会員制サイトです。
重化学工業通信社が発行する石油化学新報のWeb媒体として2002年に創刊しました。
市場動向や各社の戦略などのニュースを随時更新します。
◇昭和電工・福田石化担当役員に聞く~安定・拡大が最大の課題
  -誘導品拡大に注力/大分工場は「凡事徹底」で安全確保-

 昭和電工の石油化学事業における2020年第1四半期の営業損益は、受払差の拡大や、誘導品の定修などを背景に16億円の赤字に落ち込んだ。しかし、これまで取り組んできた販売施策や再編などにより ...more...
◇オレフィン価格、6月以降は上昇基調も今後下振れリスクも
  -4-6月を底に需要は徐々に回復/SCの見極めが大事-

 アジアのオレフィン価格が6月から上昇している。エチレンの東南アジアスポット価格は、2020年1月のトン当たり790ドルから4月に向けて大きく下落し、3割安の540ドルを付けた。 ...more...

  
◇昭和電工・福田石化担当役員に聞く~安定・拡大が最大の課題
  -誘導品拡大に注力/大分工場は「凡事徹底」で安全確保-

◇ヌーリオン、中国・寧波でTBHP/TBA設備新設~年産3.5万t
◇ティッセンクルップ、トルコでPET樹脂プラント倍増設を受注
◇BP、インドの再エネ事業向けファンドに7,000万ドル出資
◇ニプロ、三重でプレフィルドシリンジ製剤の新工場~2023年2月稼働
◇DSM、車載用途リフローコネクター向けにPPAの提案強化
◇DIC、サステナビリティ指標を設定~「社会的価値」を明確化
◇オレフィン価格、6月以降は上昇基調も今後下振れリスクも
  -4-6月を底に需要は徐々に回復/SCの見極めが大事-

◇日本のプラくず輸出、2020年1QはPS系とPVC系が増加
◇ブリヂストン、2050年を見据え中長期構想を策定~第三の創業へ
◇ブリヂストン、10月にブリヂストンタイヤジャパンの社名変更
◇広栄化学、新型コロナ治療薬原料のピロール/ピリジン生産開始
◇ヘンケル、世界初のプラ廃棄物削減ボンド発行に向けた手続き完了
◇中原石化、PPの医療用新グレード開発~透明性と流動性改善
◇デンカ、大牟田工場の設備を順次再開~熊本の子会社工場も復旧
◇東海カーボン、田ノ浦工場の火災でサプライチェーンの影響限定的
◇プロジェクトサマリー更新(2020年7月7日Jchem-News掲載分まで)
◇三井化学、大牟田工場が稼働停止~豪雨で電力供給途絶える
◇デンカ、大牟田の設備が豪雨で停止中~天候回復待って復旧へ
◇旭化成、ナイロン66繊維「レオナ」の稼働を2020年下期へ延期
◇クラリアント/テクニップ、AN製造用触媒の実証・商業化で協業
◇NEDO、水素輸送の国際実証試験開始~トルエンをキャリアに
◇凸版印刷、レトルト対応可能なデジタルプリント用接着剤を開発
◇日本化薬グループ会社、赤外カメラに写る液晶表示装置を開発
◇カーボンブラックの2020年5月需給、出荷44%減/生産40%減






   
注目ランキング
(集計期間5月15日~6月17日)
★No.1
化学15社の設備投資計画~2020年度は継続案件が中心に
★No.2
化学基礎講座④EOG、国内は「EOセンター化」構想で生産集約
★No.3
PDHの投資動向、中国中心の活発な投資が2019~2020年に進行
★No.4
韓国の2019年石化需給、ポリオレフィンやプロピレン系製品は増産
★No.5
定修分散化に取組むエチレン各社、手続き簡素化や経年劣化が課題
 








 

Jchem-Newsを検索
WWW を検索

copyright(C) The Heavy & Chemical Industries News Agency all rights reserved.
※ 掲載記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権は㈱重化学工業通信社に帰属します。