ジェイケム・ニュースは化学産業の情報を提供する会員制サイトです。
重化学工業通信社が発行する石油化学新報のWeb媒体として2002年に創刊しました。
市場動向や各社の戦略などのニュースを随時更新します。
◇三井化学、太陽光発電診断事業を積極拡大~20年に年間2GW規模へ
  -東南アジア・インドにも展開/国内はO&M案件が増加-

 三井化学は、太陽光発電の診断・コンサルティング事業を積極的に拡大させる。日本国内では、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)導入から5年が経過し、太陽光発電所の新設フェーズから稼働フェーズに移行。同時に金融資産 ...more...
◇昭和電工・森川社長に聞く~「個性派事業」拡大への進捗と課題
  -広範なポートフォリオの融合で新たな成長のストーリー描く-

 中期経営計画「Project 2020+」の下、個性派事業の比率向上に力を入れる昭和電工。近年は海外展開や設備投資も積極化させ、着実にその比率を高めている。しかし、他方ではレアアース、セラミックス、アルミ機能部材の3分野を ...more...


  
◇三井化学、太陽光発電診断事業を積極拡大~20年に年間2GW規模へ
  -東南アジア・インドにも展開/国内はO&M案件が増加-

◇ボレアリス/アブダビ国営石油、UAEにおける合弁拡大で合意
◇SCG、越ロンソン計画のコントラクターを決定~2022年操開へ
◇アクゾノーベル、中国・寧波で有機過酸化物の生産能力を倍増
◇SM、アジア需給タイトバランス続く~ベンゼンはやや緩和へ
◇ABS樹脂、2017年上期は国内出荷9.7%増~輸出は7.7%増
◇宇部エクシモ、光ファイバーケーブル用識別バンドルテープを量産化
◇VEC・角倉会長会見~6月実績は国内好調/公共工事の消化進む
◇日化協、「2017年日化協LRI研究報告会」を都内で開催~8月25日
◇プロジェクトサマリー更新(2017年7月20日Jchem-News掲載分まで)
◇経産省、関税活用セミナーで素材産業の関税戦略軽視に注意を喚起
  -特恵税率の使い漏れ検証や関税改正要望でコスト削減も-

◇スチレン工業会・森会長、2017年も微増続く~内需減少は「底打ちか」
◇PS、上期出荷は前年並みの34万t~内需微減も輸出が増加
  -SM出荷は0.6%増の99万t/内需堅調で生産も増加-

◇エチレン、2017年6月生産は7.7%増~上期計は2.9%増の324万t
◇エチレン換算輸出入、5月輸出は13%増/輸入は57.4%増
◇エチレン用輸入ナフサ、6月価格3万5,075円~前月比1,562円安
◇JSR、医療3Dソフトウェア会社「レキシー」の買収で合意
◇帝人等、ヒト歯髄由来幹細胞による再生医療等製品の共同開発契約
◇東洋紡、富山大と薬用植物栽培技術に関し契約締結~栽培研究開始
◇信越ポリマー、インフラメンテナンス資材事業に本格参入
◇三洋化成、ヘアケア・ボディケア製品原料として泡改質剤を発売
◇昭和電工・森川社長に聞く~「個性派事業」拡大への進捗と課題
  -広範なポートフォリオの融合で新たな成長のストーリー描く-

◇日本板硝子、インドネシアの鉛蓄電池用PEセパレータJVに出資
◇神華集団、中国・内モンゴル自治区でMTO60万トンを増設
◇JXTGエネルギー/東京ガス、川崎の天然ガス発電所増設を中止
◇出光興産、JPECのIoT活用自主保安高度化技術実証に参加
◇ADEKA、リン系難燃剤が機能性材料で初のUL検証マーク授与
◇日本触媒、神戸大学に再生可能資源などの共同研究講座を開設
◇日立化成、樹脂発泡成形技術が日産とSUBARUの新型車に採用
◇豊田合成、ヘッドランプ用LED光源を開発~明るさと省電力両立
◇オレフィン価格、7月はC3に下げ止まり感~ブタジエンも底打ち
◇主要石油化学製品の価格動向<2017年2月-7月>①(基礎原料)






   
注目ランキング
(集計期間6月15日~7月14日)
★No.1
2021年までの石化製品世界需給①~エチレン系需要年3%成長
記事を見る
★No.2
日本のエチレン原料消費動向、2016年はナフサが0.3ポイント減
記事を見る
★No.3
2021年までの石化製品世界需給②~プロピレン系需要年3.4%成長
記事を見る
 








 

Jchem-Newsを検索
WWW を検索

copyright(C) The Heavy & Chemical Industries News Agency all rights reserved.
※ 掲載記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権は㈱重化学工業通信社に帰属します。