ジェイケム・ニュースは化学産業の情報を提供する会員制サイトです。
重化学工業通信社が発行する石油化学新報のWeb媒体として2002年に創刊しました。
市場動向や各社の戦略などのニュースを随時更新します。
◇マイクロプラスチック問題の現状~研究は始まったばかり
  -生態系悪影響説は仮説段階/科学的研究の結論を待つべき-

 マイクロプラスチック(MP)問題は、実は本格的な研究が始まったばかりの分野だ。化学物質の生物濃縮に関与する恐れがあるとして、生態系への悪影響を訴える見解もあるが、現時点では自然界での発生が確認されて...more...
◇プラ工連・岸村専務に聞く~開発・生産・販売に使用後の視点を
  -海洋プラ問題対策は「産業ある限り常に意識すべき」-

 日本プラスチック工業連盟(プラ工連)は、1992年から樹脂ペレットの漏出防止に取り組んでいるほか、宣言活動、啓発活動など海プラ問題解決に向けた取り組みを続けている。環境省が主体となって進めるプラスチック循環資源...more...

  
◇大型連休、化学品生産への影響懸念~在庫能力に課題
◇ライオンデル、中国石油グループへ計110万tのHDPE技術供与
◇BASF、南京でポリアクリルアミド凝集剤2万トン増強を完了
◇出光興産、最新鋭の大型原油タンカーを竣工~載貨重量31万t
◇メルク、米企業を買収しパフォーマンスマテリアルズ事業強化
◇主要石油化学製品の価格動向<2018年11月-2019年4月>③(中間原料-2)
◇中国商務部、輸入フェノールのAD調査期間を半年間延長
◇化繊協会、繊維産業における不織布事業のセミナーを開催
◇マイクロプラスチック問題の現状~研究は始まったばかり
  -生態系悪影響説は仮説段階/科学的研究の結論を待つべき-

◇リケンテクノス、3カ年の新中計開始/21年度に営業益85億円目指す
◇丸善石化、千葉で計画のプロピレン精留設備新設工事を発注
◇BASF/菊水化学、高耐候性水性塗料で共同ブランディング
◇サウジアラムコ、韓国・現代オイルバンク株式の17%買収で合意
◇東レ、航空機向けにコストダウン型の真空圧成形プリプレグを開発
◇富士フイルム、抗体医薬品の生産プロセス開発期間で業界最短実現
◇主要石化製品2019年3月生産実績~10品目で減/エチレン13.7%増
◇汎用4樹脂、2019年1-3月出荷は定修規模差等で3樹脂が増加
◇MMA、2019年1-3月は出荷3%減~内需3割増/輸出3割減
◇ポリオレフィン、一部で値上げの動きも全体では消極姿勢か
◇MEグローバル、MEG5月ACP800ドル~弱含み続く
◇主要石油化学製品の価格動向<2018年11月-2019年4月>②(中間原料-1)
◇SM需給、当面タイト継続~中国の大増設は2020年以降に持ち越し
◇PVC、3月国内出荷は6.5%減/全用途減少~輸出16.1%増
◇ABS樹脂、3月国内出荷9.8%減/車両用二ケタ減~輸出31.8%減
◇東洋紡、敦賀でセラコン用離型フィルム塗工設備増設~2021年春
◇住友化学、微生物活用化合物製造の米ザイマージェンと業務提携
◇JXTGエネ/LG/東工大、機能材事業の共同研究講座を設置
◇東レ、新規RO膜エレメントを開発~造水効率2倍/19年度上市へ
◇凸版印刷、新構造のチューブ型パッケージを開発~プラ30%削減
◇VEC・横田会長会見~3月内需は対前年割れも輸出堅調
◇プロジェクトサマリー更新(2019年4月16日Jchem-News掲載分まで)






   
注目ランキング
(集計期間3月15日~4月14日)
★No.1
CPL、2018年も好況~中国の稼働制限継続でタイト基調変わらず
★No.2
昭和電工・福田石化役員に聞く~実力値は5年で60~80億円底上げ
★No.3
2018年センター別オレフィン需給⑩~三菱ケミカル
★No.4
JaIME・淡輪会長に聞く㊤~流出防止へ日本モデルを世界に発信
★No.5
2018年のセンター/誘導品別エチレン需給、定修差で生産・消費減
 








 

Jchem-Newsを検索
WWW を検索

copyright(C) The Heavy & Chemical Industries News Agency all rights reserved.
※ 掲載記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権は㈱重化学工業通信社に帰属します。