ジェイケム・ニュースは化学産業の情報を提供する会員制サイトです。
重化学工業通信社が発行する石油化学新報のWeb媒体として2002年に創刊しました。
市場動向や各社の戦略などのニュースを随時更新します。
◇エチレンの2021年上期国内消費1割増~定修減少と需要回復で
  -減少はEVAとSMのみ/新車生産増加でEPゴム40%増-

 小社推定によるエチレンの2021年上期(1-6月)国内消費実績は、279万トンと前年同期比で9.8%増加した。当上期は定修設備が2社・2プラント(定修完了時期が下期のものを含む)と前年上期 ...more...
◇デンカのエラストマー事業、CR中心に堅調~高付加価値化が課題
  -CRは新グレード開発進む/エボルマーは本格採用開始-


 デンカのエラストマー事業が堅調に推移している。同社ではCR(クロロプレンゴム)のほか、アクリル系特殊ゴムの「デンカER」、第3のゴムとして2019年1月に上市した「Evolmer(エボルマー)」 ...more...

  
◇旭化成、グローバル戦略加速~地域戦略が今後ますます重要に
◇TBM/韓SK、生分解性素材2022年上市へ~2030年に100万t生産
◇BASF、中国企業とバッテリーリサイクルでパートナーシップ
◇三菱ケミカル、リサイクル性に優れた耐熱OPSシートを開発
◇凸版印刷、包材向けのハイバリア紙を開発~国内外へ展開
◇リンテック、バイオマス度10%の粘着剤使用ラベル素材の新製品
◇ENEOS、波力発電のスタートアップに出資~2023年に実用化へ
◇PVCアジア市況、再び上昇傾向/米減産影響~インド需要回復
◇宇部MC過酸化水素、過酸化水素を値上げ~10月1日納入分から
◇積水化学、PVCライニング鋼管等を値上げ~11月1日出荷分から
◇日化協・森川会長、化学産業は業績回復も「自動車市場に注視」
◇エボニック ジャパン、川崎テクノロジーCで設備増強~機能統合
◇Repsol、ポルトガルで計画のPE設備に「Unipol PE」技術採用
◇ENEOS、日豪間の水素サプライチェーンで協業~豪州3件目
◇三洋化成/ファーマフーズ、アグリ・ニュートリション事業始動
◇経産省、燃料アンモニアサプライチェーンの社会実装計画を策定
◇ポリプラ、成形時発生ガス評価法を用いてガス焼けの原因を推定
◇ヘンケルジャパン、変性シリコーン系パテ状接着剤を新発売
◇SABIC、カラーに着目したコンパウンド製品をラインアップ
◇日本郵船/BP、脱炭素化に向け戦略的パートナーシップ協定
◇トタルエナジーズ/エア・リキード、水素製造の脱炭素化で協業
◇アクゾノーベル、CO2削減目標は2030年50%減~SBTi承認を取得
◇ライオンデル、PEとPPの「Circulen」シリーズがISCC認証
◇エチレンの2021年上期国内消費1割増~定修減少と需要回復で
  -減少はEVAとSMのみ/新車生産増加でEPゴム40%増-

◇LG化学、米国で7.5万tのPLA設備建設~米企業とHoA締結
◇三井物産/米州企業、日本でリサイクルPP事業の共同開発へ
◇三菱ケミカル、生分解性樹脂コンパウンドが海洋生分解認証取得
◇デンカ、10月1日付組織改定~「デジタル戦略部」への名称変更等
◇熱硬化性樹脂、2020年出荷は低調に推移/21年上期は一部で回復も
◇シェブロン/エンタープライズ、CCUSの事業機会を共同調査
◇プロジェクトサマリー更新(2021年9月14日Jchem-News掲載分まで)






   
注目ランキング
(集計期間8月15日~9月14日)
★No.1
旭化成・吉田副社長に聞く~10年・15年先見据えて次期中計策定を
★No.2
化学基礎講座⑱ポリウレタン~何にでも変身するスーパーポリマー
★No.3
ユーグレナ、100%バイオマスプラスチックの普及に挑戦
★No.4
東レの樹脂事業、2022年度にPPSポリマー増設の意思決定へ
★No.5
サンアロマー・山田社長に聞く~顧客とともに社会の要望へ対応
 








 

Jchem-Newsを検索
WWW を検索



copyright(C) The Heavy & Chemical Industries News Agency all rights reserved.
※ 掲載記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権は㈱重化学工業通信社に帰属します。