ジェイケム・ニュースは化学産業の情報を提供する会員制サイトです。
重化学工業通信社が発行する石油化学新報のWeb媒体として2002年に創刊しました。
市場動向や各社の戦略などのニュースを随時更新します。
◇JXTGエネルギー・川崎、エチレン年産100万tの一大生産拠点に
  -2019年4月に組織統合/「世界一の精製・石化一体事業所」へ-

 JXTGエネルギーの川崎製油所・製造所は、大消費地である首都圏に近い立地優位性や年産100万トン規模のエチレンを始めとする装置優位性、さらには精製・石化の高度な一体運営を強みとして、川崎臨海部...more...
◇韓国でエチレンとPE・PPの新増設ラッシュ~新規参入組と激戦
  -2023年までにエチレン450万t/ポリオレフィン385万t以上増加-

 韓国でエチレンプラントの新増設計画が続出、同時に、その川下でポリエチレン(PE)やポリプロピレン(PP)などのポリオレフィンプラントも新増設ラッシュとなっている。なかでも、石油精製企業が...more...


  
◇ダイキン、東京大学と10年間100億円の産学協創~脱フッ素見据え
◇富士フイルム、半導体材料事業を拡大~米国で総額100億円投資
◇東洋紡、中空糸型正浸透膜が浸透圧発電パイロットプラントに採用
◇アクゾノーベル、中国の装飾塗料合弁を完全子会社化
◇三洋化成、安定した粘着特性を有する新規ウレタン系粘着剤を開発
◇三菱ケミカル、アルミ樹脂複合板「アルポリック」から新製品
◇JSR、LiBのリチウムプレドープ技術開発/容量20~40%増
◇コカ・コーラ、蘭イオニカに融資~カラーPET再生技術開発を支援
◇JXTGエネルギー・川崎、エチレン年産100万tの一大生産拠点に
  -2019年4月に組織統合/「世界一の精製・石化一体事業所」へ-

◇BASF、ケミカルリサイクル製品の製造を開始~廃プラを原料化
◇BASF、持続可能なパーム油製品を拡大~2017年は51%に採用
◇明康、宮城県東松島市でバイオプラスチック製品の工場を建設
◇韓国企業、国内で積極的な投資を計画~クラッカー増設など
◇ニチリン、ベトナムで二輪車用ブレーキホース増産~能力倍増
◇BTXの10月需給、3製品とも生産減~ベンゼン・トルエン内需低調
◇主要石油化学製品の価格動向<2018年1月-12月>①(基礎原料)
◇韓国でエチレンとPE・PPの新増設ラッシュ~新規参入組と激戦
  -2023年までにエチレン450万t/ポリオレフィン385万t以上増加-

◇東洋紡グループ会社、独の大手エアバッグ基布メーカーを買収
◇エクソン/SABIC、米国180万tクラッカー等のEPCを発注
◇大陽日酸、子会社のマチソン通じリンデから米HyCo事業を買収
◇デンカ、2019年1月1日付組織改定~渋川工場と大船工場で
◇アンモニア、国際市況弱含み~景気減速で購買マインド低下
◇CPDC、中国・如東のフェノール法アノン稼働延期~来年2Qに
◇田辺三菱製薬、四川省のバイオ製薬会社と共同研究契約締結
◇プラ工連、中国塑料加工工業協会と交流会~情報提供などで協力






   
注目ランキング
(集計期間11月15日~12月14日)
★No.1
三井化学、ターゲット領域の成長を加速~2025年に利益比率86%へ
★No.2
化学15社の設備投資、2018年度は1兆2,993億円~期首より1.3%減額
★No.3
住友化学・十倉社長~中計目標の営業益2,400億円は達成の見通し
★No.4
原油価格、2019年は60-80ドルで推移~出光興産予測
★No.5
本格導入進むAI・IoT技術~見えてきた成果と課題①
 








 

Jchem-Newsを検索
WWW を検索

copyright(C) The Heavy & Chemical Industries News Agency all rights reserved.
※ 掲載記事・写真・図表などの無断転載を禁止します。著作権は㈱重化学工業通信社に帰属します。